第1話「ProgateでRubyを学び始める」

こんにちは、まふぅです。

前回の0話からちょうど1週間経ってしまいました。
今日、ようやく初めてProgateで、超基礎の一番初めのコースを修了しました。

 

 

f:id:mahoosaki:20170423115823p:plain


目安として2時間と記載されてましたが、本当にそれくらい。

なんの準備も無しで、Progate上でプログラミングの出力テストとかができるから身につきやすいのでは?という感想。

 

 

f:id:mahoosaki:20170423115814p:plain

 

の大きいところに説明や指示が予め書かれており、そこにコードを書き込んでいくという形です。

右上のブロックは自分のコードを確認できる場所です。

右下のブロックは出力?された手本(答え)が表示される場所です。
コード自体は表示されません。

 

 

たった2時間しか行っていませんが、「あぁこれは推薦されるなぁ」といった印象です。

 

 

 

こんな感じでスライドによる解説が主で、わかりやすい。。。

 

f:id:mahoosaki:20170423115543p:plain

 

 

 

うん

 

わかりやすい。。。

 

 

 

 

 

いきなり「Progateで、超基礎のコースを修了した」とか言われてもよくわかんないですよね。

Progateは、簡単に言うと
「プログラミングをゲーム感覚で学習できるWebサービス
のこと。

 

prog-8.com

 

 

わかりやすいスライド解説と、程度の良い課題。レベルアップの要素もあり、ちょっとうれしい気分にさせてくれます。

 

TwitterFacebookでアカウント作成[ログイン]ができます。

僕はTwitterと連携しました。

f:id:mahoosaki:20170423120712p:plain

 

自分が学習した言語の習得度合いがグラフになっているのも感心します。

 

 

まだごくごく初期段階ですが、シェアしたかったので記録しておきます。

良ければ僕のツイッターも覗いてください。笑
基本webニュースに関することと結構どうでもいいことつぶやいてるけど。

では。

 

広告を非表示にする